ヒールオゾン治療法で痛みのない治療をしよう

ヒールオゾン治療法というのをご存知でしょうか?この治療方法は、虫歯の新しい治療方法といってもよいでしょう。以前は、虫歯部分を削って取り除くというのが主な治療方法でしたので、痛みと不快感どうしても伴ってしまいました。しかし、このヒールオゾン治療法であれば、オゾンの持つ高い殺菌力によって虫歯の殺菌をおこなっていきます。オゾン処理を行った後に、虫歯の部分に再石灰化を促進していきます。ただし、治療の進行具合によって適しているかどうかは、虫歯の状態を調べてからになります。安全性によっては、かなり高いので安心して利用することができるでしょう。ヒールオゾンの治療方法のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。まず、メリットとなる部分です。なんといっても治療の際の痛みが少ないという点が大きいと思います。他にも歯を削るという事を最小限に抑えることが可能です。神経も残せる可能性も高く副作用の心配もありません。薬剤は一切使用せずオゾンのみの治療になるので、安全面から見ても安心でしょう。このオゾン治療を行う事で、仕上げにフッ素入りの薬剤を使用するため、虫歯の予防にも効果的となっています。また、治療時間もかなり短縮できるので、忙しい人には適していると思います。それでは、デメリットとなる部分はどうでしょう。未だ新しい治療方法となっているので、導入している歯科医院が少ないという事です。他には、実績も少ないのでデータが収集できていないので、この治療の結果などについて詳しくわからないという点でしょう。進行しすぎた虫歯には適していないので、その場合は通常の治療になります。その場合神経を取る処置になる可能性も高いでしょう。保険が適用されないので診療費用が高くなってしまいます。実際にヒールオゾン治療法を行っている歯科医院の平均的な治療費としては、1本が3千円程度となっているようです。しかし、歯科医院によっては費用が異なるので事前に確認することをお勧めします。